忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終焉


SEOが必要な時代は終わる終わると言われ続けてきました。本当にSEOが必要な時代は終焉を迎えてしまうのでしょうか。なぜ終わると言われているのか理由が知りたいところです。検索エンジンの機能が向上すればするほどSEOが必要なくなるというのは聞いたことがありますが、本当の理由や他の理由はどうなのでしょうか。SEOの時代が終焉を迎えてしまったら、今ある、いるたくさんのSEO業者は路頭に迷ってしまう・・・。
たくさんあるSEO業者の中でも、本物のSEOを施すことができるSEO業者が生き残ることができるのか、それとも関係なくすべてのSEO業者が生き残ることができなくなってしまうのか。詳しいことはまだ分かっていませんが、嘘なのか本当なのか。

インターネット広告代理店
バックリンク サービス

昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
「気力管理」と「体力管理」。経営は気力!
ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持

Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
短期間で検索順位を上げる
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
PR