忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新


10月6日にブログを更新して、10月16日まで一回も更新しませんでした。・・・が、更新していなかった期間のアクセス解析を見てみたらびっくり!!!。更新していない期間の方がアクセスある(笑)。更新しない方がいいのか?!(笑)。でも10月16日に一気に更新しちゃったから、まぁたアクセスへるかなぁ・・・。そして下手したらランキング落ちちゃうかなぁ・・・。これでもかというくらい更新した(笑)。たまりにたまっていた写真たちと一緒に更新。そしてまだ写真あったから今日も更新しなくては(笑)。アクセス増より、今回の更新の目的は思い出として取っておくという目的だから、アクセスは正直どうでもいいんだよなぁ♪。楽しかった^^♪。

SEM対策会社
SEO対策 実績

検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
リンク鮮度スコアとリンクエイジスコア。エイジが上位安定,一位維持で重要。オールド被リンクを増やす
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
資金に余裕あるならホームページでSEO対策。資金に余裕無いならブログでSEO。集客媒体選びは重要
同一ドメインからの大量被リンクはSEOで効果あるのか?効果あり。ドメイン分散型被リンクには劣るが
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
PR